« 【一番太鼓】 | トップページ | 【上席】創作(自作)落語の部 東海道五十三次(神奈川編) (2) »

【上席】創作(自作)落語の部 東海道五十三次(神奈川編) (1)

【上 席】とは、寄席で、
     一ヶ月のうち一日から十日までの興行のこと。

お江戸日本橋から京都三條大橋までの東海道におかれた五十三の宿駅、宿場を次々、順につないでいくので東海道五十三次と申しまして・・・・・。今、苦もなくサラーと申しましたがここが本日の重要なポイントでございます。日本橋から京都の、その間の、五十三の宿場の事でございまして。中には、日本橋から京都までが、五十三と思っていた方も多いと思いますが。ですから日本橋と京都は、五十三の数には入らないんですよ。おわかりになります? タメになるでしょ。落語てえのはタメになるんですよ。聞いてる人は。やってる人はダメになるんです!

ご当地、川崎宿。神奈川県は武蔵の国、相模の国でございます。品川から箱根まで「東海道五十三次・神奈川編」と題しまして、僅かばかりのお時間でございます。
どうぞ、気をしっかり持ってお付き合い願いたい訳でございますが・・・・。

♪ お江戸日本橋 七つ立ち
             初のぼり
  行列そろえて アレワイサノサー
  コチャ高輪 夜明けて
            提灯消す
     コチャエー コチャエー
                        (「お江戸日本橋」より)

お江戸日本橋を旅立ちまして、先ず、第一番目の宿場が品川でございます。
男の方はニヤニヤしてますけど、宿場、宿場には、お女郎さんてえのはもう付き物でございまして・・・・・・。昔の男てえのは、お女郎さんがいないと困るそうでございます。何だかよくわからないんですけど。

で、今の品川てえと、もうコンクリートのジャングルでございまして、土なんてえございませんよ。道路は勿論、学校の校庭だってアンツーカーですよ。自然のまんまの土がないもんですから、カーデニングなんてえ花の鉢植えが流行りまして、カーデニングブームですよ。ガーデニングブーム、ガーデニングブームですよ。落語も横文字の入る時代でガーデニングブームですよ。
「定吉、今まで、どこへ行ってたんだ?」
「エヘヘ、わかってるくせに、旦那さんと同じですよ」
「ニヤニヤして気持ち悪いね。どこへ行ってたんだ?」
「エヘヘ、品川でしょ。女郎ですよ。ガーデニングですよ。ジョロ買い、ジョロ買い」

で、あたしも、こう、花の園芸やってるんですよ。
どっちかというと、直ぐ、夢中になっちゃう方で、休みの度に、土いじりしてたんです。近所の人が、
「いしあたまさん、落語の稽古しないんですか?」
「園芸(演芸)も、同じ、芸の肥やしです」

『かわさき落語草子』 清流亭いしあたま著 まつ出版 本体1,200円 より抜粋

|

« 【一番太鼓】 | トップページ | 【上席】創作(自作)落語の部 東海道五十三次(神奈川編) (2) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【一番太鼓】 | トップページ | 【上席】創作(自作)落語の部 東海道五十三次(神奈川編) (2) »